+9999-9999999 example@gmail.com

交通事故の加害者側からは保険会社が示談にあたる

交通事故の被害者は、事故で被ったいろいろな損害について加害者に賠償金を請求することができます。加害者が被害者にいくら賠償金を支払うかを決定し事故の解決をはかるための話し合いが示談交渉で、調停や裁判に持ち込まずに事故の当事者間で話し合いが行われます。示談交渉は交通事故の当事者間の話し合いですが、加害者サイドからは任意の自動車保険の契約先である保険会社が交渉にあたるのが一般的です。これは、ほとんどの任意自動車保険に示談の代行サービスが付いていて、交通事故を起こしてしまい相手に対して賠償責任が発生してしまったケースでは保険を使って交渉の代行を依頼することができるからです。一方被害者の立場では、自分に過失がなく相手に対して賠償の責任がないと保険に付いているこのサービスを利用することができないため、保険会社と被害者との話し合いになります。

交通事故の示談交渉と注意点

交通事故に巻き込まれてしまった際には、被害者でも加害者でも必ず考えることといえば慰謝料の存在ではないでしょうか。交通事故と慰謝料は切っても切れない関係であり、その場で慌てて知識を身につけようとしても身につくものではないので、あらかじめ知っておく必要があります。事故の慰謝料は、双方の話し合いでスムーズに決まれば示談となりますが、その際に焦って話を進めてしまうのは良くありません。特に被害者の場合には、ケガをしていることも多いので治療が終わってから金額を決めるようにしましょう。示談にも期限があるので、それを過ぎてしまうと無効となってしまい慰謝料を請求することができなくなってしまうので、治療が長引きそうな場合には、その都度対応しておかなくてはなりません。双方が納得できる話し合いをすることが大切です。

交通事故の示談交渉を自分で行うケース

法律のことを学んだことがある人はあまり多くないでしょう。大学の法学部を卒業したからと言って法律に詳しいわけではありません。司法試験や司法書士など法律関係の資格の取得を目指していればそれなりにわかるでしょうが難関試験なので誰もが受けるわけではありません。交通事故を起こす、遭う場合にはその後にいろいろと交渉をすることになります。大事なこととして示談交渉があります。もし起こしてしまったとき任意保険に加入していれば交渉は保険会社が行ってくれます。その道のプロが対応してくれます。受けた方も少しでも過失があれば保険会社が対応してくれます。しかし過失が一切ない、保険会社が支払いを一切行わないときは対応してくれません。できないからです。この場合は自分で行う必要があります。ほとんどの場合は弁護士など法律の専門家に依頼することになります。


Scroll to Top