トイレのつまりを解消してくれる業者の探し方

トイレ つまり

急なトイレのつまりにも、必ず原因があります。排水管にトラブルがない場合のつまり原因の多くは、流す際の流水の力が不足してしまい、途中でつまるという状態です。また、トイレットペーパーが原因する場合も多くあります。使用量が多すぎるため流れを妨げてつまりを起こすのです。流水の力は、流水レバーやボタンには、大小があり選択ミスが以外と多いのです。このようなつまりは、適正にトイレを使用すれば、未然に十分防止することができます。問題となるつまりは、排水管などトイレの外側から見えない部分のつまりやマンション等の集合住宅の場合は、専門業者に調査依頼することをおすすめします。自分勝手に判断し、間違った対応をすると取り返しのつかない事態へ発展し、損害賠償を負う可能性がありますので、十分に注意が必要となります。

一発解消するトイレのつまり対策

よくあるトイレットペーパーや掃除用流せるシートの使用量が多過ぎ、トイレのつまりを引き起した場合、慌てる必要は全くありません。但し、つまりの後、何度もトイレを流すと水が溢れ出て、床が浸水する可能性がありますので注意が必要です。まず、一般的な対処は、ラバーカップを用い、つまり部分を吸引し解消する方法です。何度か吸引するとつまり箇所が動き、水の流れが戻ります。次に、ラバーカップがない場合、簡単に解消する方法が2通りあります。お湯をトイレに流し込み、つまりの原因であるトイレットペーパーやシートを溶かす方法です。この方法は、つまりが紙という状況のみ有効となります。沸騰したお湯の使用は絶対禁止です。紙を溶かす程度の温度45℃前後が適温です。そして一番手軽な対処は、バケツから水を流し込む方法です。つまり部分に勢いよく水をかけて隙間をあけ、つまりを解消させます。

原因不明のトイレのつまりを解決する方法

ネットを検索すると、原因不明のトイレのつまり対処についてプロの仕事術が紹介されています。専用器具から薬液剤などの情報が掲載されており、自分でもつまりを解消できると判断することができます。しかしながら、プロ使用の道具等が揃っても、必要となるスキルがありません。この状態で、実施するとトイレ内部を傷めてしまい、更なる故障に発展してしまい問題が大きくなります。そのようにならない為には、専門業者に依頼し、つまりを解消することをおすすめします。専門業者は、ネット検索すると数多くの広告が掲載されています。また、地域の水道局等に相談すると、地元の給排水設備業者を紹介してくれます。最近の排水管関連の専門業者は、24時間受付可能で年中無休の営業が多いようです。自分で費用をかけて専用器具を用意し対処するよりも、専門業者に依頼し、適正な修繕費用で解決することが賢明と考えます。