急にトイレがつまりを起こした時の対処法

トイレ つまり

普段は特に何も考えずに利用しているトイレですが、トイレットペーパーをいつもより沢山流してしまったとき、何か異物を落として気づかずにそのまま流してしまったときなどに、気付かずにいつも通りに水を流すと、急に便器のふちいっぱいにまで水があがってきてしまい、焦った経験がある人も多いはずです。予期せず突然やってくるトイレのつまりですが、わざわざ業者を呼んで修理代金を支払わずとも自分で直す事が出来るので、その対応方法を説明していきます。トイレのつまりというのはなるべく早めに直してしまうようにしなければ、マンションやアパートなどの場合、最悪階下の住民に迷惑をかけてしまうという事にもなり兼ねません。このようなトイレのトラブルに見舞われた時の対応方法を学んでおいて損はありません。

トイレのつまりには実は予兆がある

いつも通りに使用していたら、突然便器のふちから水が溢れ出した、そう思うかも知れませんが、実はトイレのつまりには予兆があります。水を流した時にいつものように勢いよく流れて行かないと思ったら、徐々に水位が上がってきて便器のふちギリギリまで水がきてしまった、という状態に遭遇すると人の心理的に「流しきれていないのなら、もう一度流せば良い」と思い、あまり間を置かずにもう一度レバーを引いてしまう人が多くいます。しかし、そうしてしまうと次は確実に便器から水が溢れ、床も水浸しになってしまいます。その様な時は、二度目のレバーを引く前に便器の周りに新聞紙やビニールシートなどを敷き詰め、水漏れを出来る限り緩和する策を取った後で、原因となっている物を取り除く作業に移ります。不衛生になるので対処は迅速的確に行うようにして、放置する事は避けて下さい。

トイレのつまりに対処する時に用意するもの

トイレがつまり水が流れて行かないという事は、原因を溶かす、取り除いた上で水を流す必要があります。そのために最終的には手を入れて取り出す方法もありますが、これはなるべく避けたいのでいくつか試してからでも遅くありません。つまりの対処をする際に用意するものは、バケツ、ラバーカップという吸引の出来る物、トイレの排水管用のワイヤー、パイプクリーナー、そして対処する人用にビニール手袋かゴム手袋、便器の周りに敷く新聞紙やビニールなどです。これらの道具を準備したら、作業を始める前に止水栓とウォシュレットの電源を切っておきます。特にトイレから離れると自動的に水が流れる機能のある場合など、水が溢れてしまいますので忘れずに電源を切るようにしてから作業を初めて下さい。そこまで特殊な道具がなくても対応できるので、どうしてもという時以外は業者を呼ばずに頑張るのがいい方法です。