知っておきたいトイレのつまりの解消法

トイレ つまり

日々の生活において、水まわりのトラブルは出来る限り避けたいところです。特に、トイレはその最たるものであるといえるでしょう。水が漏れている、水が溜まっていない、水が止まらないなど様々なトラブルが考えられますが、なかでも焦ってしまうのがトイレのつまりです。汚物と共に水位が上がってくるという状況で焦らないということは、簡単なことではありませんが、放置や間違った対処を行ってしまうと、より大変な状況になりかねません。少しでも早急に解決することができるように、トイレのつまりが起こる原因や専門の業者に依頼する以外で解決の可能性のある方法を知っておくことは大切です。また、トイレのつまりには前兆があることもあります。少しでもおかしいと感じたらすぐに対処できるようにしておくこともおすすめです。

トイレのつまりで考えられる原因と簡単な解決方法

トイレのつまりには、大量のトイレットペーパーや汚物などがS字に曲がっている管につまってしまう比較的軽度の状態と、排水管などさらに奥の接続部分がつまってしまっている重度な状態が考えられます。軽度なつまりの原因となるものにはいくつかありますが、ティッシュやポケットに入れていた財布や携帯電話、ハンカチやタオル、掃除用洗剤のキャップや流せる掃除用シートなども考えられるでしょう。つまりを発見した際には早急に専門の業者へ連絡をすることが最も確実な方法ではありますが、原因によっては家にあるもので解決できる場合もあります。例えばトイレットペーパーであればバケツを使って一旦水位を低くし、さらにバケツを使って排水溝へ勢いよく水を流すという方法もあります。何度か繰り返すことでそのまま原因が流れてしまうこともあれば、取れる位置まで原因のものが流されてくる可能性もあります。

トイレのつまりを解決するその他の方法と注意点

他にも、トイレのつまりと聞いてイメージするものにラバーカップがあります。異物が原因となっている軽度のつまりであれば、バケツで水を流す等の方法の次に試すことで改善できる可能性が高いでしょう。ただし、ラバーカップには和式用と洋式用があり使い方も異なるため、使用方法をしっかりと確認したうえで作業を行うことが大切です。トイレ以外でもお風呂場やキッチンなどの排水管にも利用できるため、万が一のときのために家に一つ常備しておくのも良いでしょう。いつもより水位が高くなっている状態や、流したときに変な音がしている状態などはトイレのつまりの前兆です。早めの改善が重要ですが、素人の判断でトイレのつまりを直すことは状況を悪化させる可能性もあることを忘れてはいけません。それをふまえて焦らず対応しましょう。