自分で解消できるトイレのつまり

トイレ つまり

予兆なく突然やってくるトイレのつまりは、厄介ですが、自分で対処することができます。業者さんに頼むのもありですが、集合住宅の場合、下の階に水漏れしてしまうこともあるので、早急に対処できるよう自分で解決する方法を知っておくといいでしょう。まずは、排水口をめがけてバケツで水を勢いよく流してみます。詰まっている異物の隙間に水が流れ、水圧でつまりが取れる可能性があります。もしバケツで入れた水が流れなかった場合を考えて、便器の周囲に新聞紙を敷いたり、ビニールシートを敷いたりします。レバーを使って水を流してしまうと、水圧が足りず、ただ詰まった水の水位を上げることになるだけなので注意が必要です。もし、トイレットペーパーなどの紙がつまりの原因だとわかっている場合は、お湯を入れてふやかして取る方法も有効です。

ラバーカップですっぽんと異物を取り除く

トイレのつまりに対処できるグッズとして代表的なのが、ラバーカップです。すっぽんと呼ばれるものです。大きいですし、しょっちゅうつまってしまうわけでないし、ということで備えていない家庭が多いでしょう。しかし、ラバーカップはトイレのつまりにはかなり強い味方です。排水口の奥まで突っ込み、カップの部分を便器にぴったりとくっつけて真空状態にして、勢いよく引き上げます。そうするとつまった異物が押し戻されて、水が少しずつ流れていきます。それを何度も繰り返すことで異物が浮かびあがるか、キレイに流れてくれます。ラバーカップは洋式トイレと和式トイレで形が違うので、購入するときに間違えないように注意しましょう。間違えて使用することでつまりの原因の異物が余計奥にはいってしまうこともあるので、もし間違えてしまったら業者に相談するのが賢明です。

重曹と酢を使った化学反応を使う

トイレのつまりを取るのに使用するグッズがないときは、重曹と酢を使って起きる化学反応を利用してつまり取りをする方法があります。日常のお掃除でも使える重曹を1/4カップ準備し、そこにお酢を1/2カップ入れて準備をしておきます。準備できたら、50度ぐらいのお湯を便器に入れ、そこに重曹とお酢を合わせたものを入れます。そうするとぶくぶくと泡がでて、排水口の中に入り込み、しばらく時間をおくとつまりが緩和されるのです。異物が溶けるまで時間が必要ですが、家にあるもので対処ができるのは手軽ですし、この方法の待ち時間にラバーカップを買いに行くなどしてもいいでしょう。自分でトイレのつまりが解消できる方法はいくつかありますが、どうしても解消できない場合は業者にお願いするのが一番です。自分で対処するときには便器にダメージを与えないようにしてください。